『慧妙』 最新号のご案内 1部/54円


お申込みはこちら→▼クリック

慧妙

 

 2017年 3月17日 

創価学会からの脱出

              連載第49回

 

学会時代は夫婦共に大病の連続

正信に帰伏して得た生きる喜び

       滋賀県近江八幡市・慧照寺支部   菊池 カツ子

                                            

「大御本尊様はお見通しだった!」

ニセ本尊

 

 

ニセ本尊とも知らずに受けてしまい・・・

現証歴然!次々と襲った命の危機

粘り強く折伏してくれた法華講員

夫婦に訪れた安心と充足

 

 
 
(2面)

 

カルト創価を斬る

    

    

元本部組織センター広宣局副部長・

元文化本部副書記長・芸術部書記長    

 小多仁 伯  

 第66回

『水滸会記録を解読する』の発刊迫る①

小谷仁 拍

池田の発送・行動の原則は「水滸会記録」に

それを読み解いた書籍が出版へ!

 

 

 

異流義からの疑難を破す

悪書『石山本尊の研究』を嗤う

⑪「相貌の相違が大御本尊不在の証し」!?

三大秘法義

仏滅讃文・御本尊の変化に甚深の意義

表面のみに囚われる門外漢の不毛な愚論

 

(3面)

 

 

異流儀教団の迷妄を摧く   連載 第70回

捃捨雑記

異流義の輩が「自我偈」によって破折され、

結局は救われるのが「自我偈」で確認できる件

顕正会

激高しっぱなしの古参・顕正会員
そんな彼らでも、救済すべき対象
 


顕正会員の迷いを覚醒する―

顕正会につける

第43回

我意我見による『遺誡置文』の解釈

顕正会

浅井の解釈では『遺誡置文』自体が自己矛盾

師弟相対の信心踏まえ、初めて御正意が

 

 

温故知

―古の信行に学ぶ―

(42)日興上人と身延山

老僧の合議で制定された墓所輪番制

たちまち破失し身延を捨てた五老僧

身延山

 

(4面)

11
 
(第363回)

 

お申込みはこちら→▼クリック

最新記事

  • お申込みはこちら→▼クリック    2017年 3月1日     姿も意思も表さぬ「公人」池田大作   今や会員操縦に利用されるだけの存在   「師匠利用」は池田大作の″専売特許 …

    2017年 3月1日号

  • お申込みはこちら→▼クリック    2017年 2月17日        「”SGI提言”も代作」と元職員 執行部が「絶対的指導者」不在を利用 この詐欺行為は年金不正受給並み …

    2017年 2月17日号

  • お申込みはこちら→▼クリック    2017年 2月1日           「池田は何度も脳梗塞を起こした」と元職員 学会は虚報で内外を騙し続けている!   池田の頭破七分は邪義 …

    2017年 2月1日号