『慧妙』 最新号のご案内 1部/54円


お申込みはこちら→▼クリック

慧妙

 

 2016年 8月16日

創価学会

 

                 創価学会広報室長

   「お元気」との公言から一月、依然姿見せぬ池田

   仏法上からも池田が″生ける屍″と化したのは必定

          池田は仏罰により頭破七分

独裁国家ばかりの情報操作はやめよ

 

「病気になるのは信心がない」と池田

 

邪正は明白で弁明の余地なし!

 

″終わりの始まり″迎えた学会

求心力が低下し弱体化が進む

 

 

 

 

       自称ジャーナリストの学会幹部(柳原嗣滋雄)

       東京高裁が厳しい司法の鉄槌!

                        学会幹部

 去る八月四日午後三時半、東京高等裁判所は、妙観講々頭・大草一男氏(法華講大講頭)が自称「公平なジャーナリスト」で創価学会幹部(言論部長・主任部長等を歴任)の柳原滋雄を、名誉棄損の不法行為で訴えていた裁判の控訴審判決で、一審に続いて、控訴人柳原に対し三十万円の損害賠償とインターネット上の記述の削除を命じた。

 この裁判は、平成十九年以降、控訴人柳原が自ら運営するホームページ「コラム日記」に、あたかも大草氏に女性スキャンダルや盗聴の関与という犯罪行為があったかのごとく度々書き散らしていたことに対し、平成二十三年に損害賠償を求めて大草氏が訴えを起こしていたもの。昨年八月に言い渡された一審判決では、控訴人柳原の記述内容には公共性や公益目的がなく、さらに真実性や相当性(※たとえ真実でなくとも、柳原がそれを真実と信じてしまっても仕方のない事情があったか、どうか)においても、柳原の主張を一切認めることなく、大草氏側の完全勝訴であった。その一審判決を不服として柳原は控訴したのだが、今回の控訴審判決は、さらに厳しく柳原を断罪した。

 判決は、まず柳原の当該記事に公共性・公益性があったか、なかったかについて言及。

 女性スキャンダルはもとより、盗聴への関与疑惑についても、柳原の記述は大草氏に対する個人攻撃を目的としており、「これらの記載に公共性及び公益性を認めることはできない」と切って捨てた。

 さらに女性スキャンダルについては、柳原の下卑た臆測に対し、「そのような事実を認めることはできない」と真実性を否定。盗聴への関与疑惑についても「(大草氏が)盗聴に関与したという事実を認定することはできない」と真実性をキッパリ否定した。

 そして女性スキャンダルと盗聴への関与疑惑の相当性については、「先行訴訟ではいずれの裁判所も相当性を認めていないのだから、控訴人(柳原)が当該事実が真実であると信じるには、従前よりも増して、さらなる根拠が必要なのである。しかし控訴人は事実の裏付けとなる新証拠を提出していない」「先行訴訟の裁判所も、証拠を検討した上で相当性なしと判断したのである。よって控訴人の主張には理由がない」と、これまた明確に相当性を否定したのである。

 この判決により、今後、柳原の記述を利用したり、柳原と同様の誹謗中傷をネット上で記述する者も、悉く名誉毀損の不法行為となることが確定した、といえよう。狂信的学会員は肝に銘ずべきである。

 なお、今回の裁判で大惨敗した柳原は、さっそく同日「コラム日記」を二度も更新し「(判決文の)冒頭一ページ目に(代理人弁護士の名前の誤りなど)三カ所もの誤記」があるから「裁判官は、いい加減な姿勢で書いた」「まともな審理などしようとさえしていない」などと、子供だましの裁判所批判を書き殴っている。これが「公平なジャーナリスト」の弁かと、程度の悪さに笑いが止まらない。

 

 

    

 

 

              (2面)

 

カルト創価を斬る

    

 元創価学会文化本部書記長・元芸術部書記長  小多仁 伯

       

 第59回

創価の混乱は、公明の混乱へ

 

福本潤一

 

         衆院選・都知事選が終了

      学会の次なる天王山は・・・

        昔から学会の目標は″天下取り″

      かつて公明は「センセーを総理に」と

        46年前の藤原弘達氏の予言が的中

      自公連立は憲法改正も可能の域に

        「体曲がれば影ななめなり」

      学会の狂いが社会に影落とす

 

 

 

 

異流義からの疑難を破す

悪書『石山本尊の研究』を嗤う

 

④「別体三宝式は聖祖・興尊の本義でない」!?

 

日興上人の遺訓を意図的に切り文した邪難

御影像は宗開両祖の往古から造立された!

 

異流儀

 

 

 

(3面)

 

  邪宗破折レポート  

第66回

 

人の話に耳を貸さぬ学会男子部 編

 

邪宗破折

 

道理。文証で諭しても「俺たちは皆な仏だ!」

「先生は今も全国を激励行」と盲信を披歴


 

 

連載

温故知新

   -古の信行に学ぶ-

(36)大御本尊守護の歴史㊤

 

宗門草創期から今日まで世相は様々に変転

状況に惑わされず仏法を厳護

 

 

 

 

(4面)

異流儀教団の迷妄を摧く   連載 第63回

捃捨雑記

「盲信」が生み出す「迷信」

 

盲信

 

「空海は今も生きている」という迷信
「池田センセーは全国を廻り」も迷信の域
 
 
 
 

 
11
 
(第349回)

 

 

お申込みはこちら→▼クリック

 

最新記事

  • お申込みはこちら→▼クリック    2016年 8月1日      『聖教」に載った池田は明らかに″生ける屍″ 元職員も「表情がない、意思を表せない、涙が・ …

    2016年 8月1日号

  • お申込みはこちら→▼クリック    2016年 7月16日 創価学会からの脱出      学会の害毒に苦しんだ日々 父子がリレーで語る正信への道     &nb …

    2016年 7月16日号

  • お申込みはこちら→▼クリック    2016年 7月1日     大石寺を詐称する 顕正会からの脱出④   浅井昭衛 顕正会・会長 の品性下劣な正体 この目で見た、表と裏 …

    2016年 7月1日号